おすすめ

ポイントがお得にもらえるクレカ5選

ポイント還元率が高いクレジットカードとは

JCB CARD Wは常時還元率が2倍

このカードは、利用金額に応じて常時2倍のポイントが還元されます。ショッピングや外食、旅行など、日常のさまざまなシーンでの利用がお得です。

三井住友カード(NL)は最大18%還元も可能

特定の加盟店やサービスでの利用時には、最大18%のポイントが還元されます。通常の利用でも高い還元率が期待できるため、ポイントを効率的に貯めることができます。

リクルートカードは常時1.2%の高還元

リクルートカードは、一般的な利用シーンで1.2%のポイント還元率を提供します。ポイントは、様々な商品やサービス、ギフトカードと交換することができます。

楽天カードは還元率が高くて使い道が豊富

楽天カードの利用者は、楽天市場でのショッピングをはじめ、多岐にわたるシーンでポイントを貯めることができます。また、貯めたポイントは楽天市場での購入や、様々な商品との交換が可能です。

dカードは還元率1.0%で年会費永年無料

dカードは、還元率1.0%でありながら、年会費が永年無料です。コストパフォーマンスに優れており、ポイントも日常のショッピングやサービス利用で貯めやすいです。

そもそもポイント還元率とは

ポイント還元率とは、クレジットカードの利用金額に対して付与されるポイントの割合のことを指します。この率が高いほど、多くのポイントを獲得できます。

ポイント還元率とポイント付与率の違い

ポイント還元率は、実際に付与されるポイントの割合です。一方で、ポイント付与率は、特定の条件下でのポイントの付与割合を表します。たとえば、特定の加盟店での利用時にのみ適用される付与率が考えられます。

ポイント還元率が高いクレジットカードの選び方

高いポイント還元率のカードを選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう。

通常還元率が1.0%以上あるか

基本となる還元率が1.0%以上のカードを選ぶことで、日常利用でもポイントを効率よく貯めることができます。

ポイントアッププログラム付の最大還元率はいくらか

ポイントアッププログラムが付与されているカードを選ぶことで、通常以上のポイントを獲得できる場合があります。最大還元率をチェックして、自分の利用パターンに合ったカードを選びましょう。

年会費を払ってもポイントでお得になるのか

年会費が無料のカードも多いですが、年会費がかかるカードでも、ポイント還元率が高い、または特典が充実していれば、年会費以上の価値があります。総合的に判断して、最適なカードを選びましょう。

貯めたポイントの使い道は自分に合っているか

ポイントをどのように利用できるかも重要なポイントです。ギフトカードやマイル、商品との交換など、自分のライフスタイルや好みに合った利用方法が選べるカードを選びましょう。

まとめ

ポイント還元率が高いクレジットカードは、普段の生活やショッピングをよりお得に楽しむための強力なパートナーとなりえます。

ただし、カード選びには慎重さが求められます。還元率だけでなく、年会費やポイントの使い道など、様々な要素を総合的に考慮し、自分のライフスタイルやニーズに最も合ったカードを選びましょう。

そして、賢くカードを利用して、日常生活をより豊かで快適なものにしましょう。